春日井ロータリークラブの沿革

1968年(昭和43年)2月に、小牧市・春日井市をテリトリーとして小牧RCが結成されました。
RI会長であった東ヶ崎潔氏の拡大方針に沿って、同年末頃より小牧RC内で春日井市にロータリー・クラブを結成するための準備が始まりました。
当時の360地区ガバナー小田切貞夫氏より、小牧RCの幹事であった向博氏が特別代表を委嘱され、同時に小牧RCがスポンサークラブに決定し、下記10名がキーメンに選ばれました。

川松 政雄  川口 卓男  林 定吉  小川 貞雄  太田 悦郎  加藤 幸男  高柳 邦雄  宮木 鎮治郎  深津 守司  小川 昭二

 

仮春日井RC創立総会

日時:1969年(昭和44年)4月28日 12時~14時
場所:名古屋都ホテル

チャーター・メンバー(創立会員)34名によって創立総会が開催され、仮クラブとして第一歩を踏み出しました。
この総会には、来賓として小田切ガバナー、向特別代表、堀尾特別代表情報委員、長谷川地区資金委員、高木犬山RC会長、伴野小牧RC会長をお迎えし、盛大に挙行されました。

理事・役員

会長 宮木 鎮治郎 幹事 加藤 幸男
副会長 太田  悦郎 副幹事 川口 卓男
会計 小川  昭二 SAA 川松 政雄
理事 小川  貞雄 斉藤 丹次 梅田 隆明 高柳 邦雄 高嶋 昇一

チャーターメンバー(34名)

舟橋 加吉 北  秀之 古屋 健次 川松 政雄 近藤  清 斉藤 丹次 磯野 俊雄
加藤 幸男 柴田栄太郎 森   勇 西男 文男 宮木鎮治郎 乃一 良吉 池上 劫寿
梅田 隆明 小川 貞雄 林   徹 寺尾 良一 高田 豊一 小川 昭二 石黒 金松
吉川十三一 永見 昌司 太田 悦郎 大畑 尹一 青木 正治 深津 守司 高柳 邦雄
鈴木  茂 高嶋 昇一 林  貞吉 早川 八郎 石原 景介 川口 卓男

 

春日井RC沿革

1969年5月 5月1日付けで本部の承認がなされ、日本で922番目のロータリー・クラブとして正式に春日井RCが発足しました。
1974年3月 韓国の南釜山RCと姉妹クラブの締結をしました。
1974年8月 8月31日、斉藤丹次君を特別代表として、キーメン5名、チャーター・メンバー38名で名古屋空港RCを承認発足させました。
1991年11月 台湾の東港RCと姉妹クラブの締結をしました。
1994年4月 全国のロータリー・クラブから寄贈していただいた県木・市木を植樹し「ロータリーの森」をふれあい緑道に造成しました。
1999年4月 春日井市の姉妹都市であるカナダのケローナRCと友好クラブの締結をしました。
2001年4月 名古屋空港RC、豊山城北RCと共に提唱し、春日丘高校インターアクトクラブを結成し認証されました。
2012年11月 フィリピン「あしながおじさん事業」をスタートしました。
2013年11月 市政70周年を記念して、春日井市に「ニュートンのリンゴの木」を寄贈しました。
2014年2月 フィリピンのセブRC、サンマリーノマニラRCと友好クラブの締結をしました。
セブ島の小学校に水洗トイレを寄贈しました。
2016年3月 フィリピンのセブRCと姉妹クラブの締結をしました。