シンボルフラッグ

春日井ロータリークラブのシンボルフラッグです。
春日井ロータリークラブのシンボルフラッグ〜柳とかえる〜
小野道風(おののとうふう:894-967)は平安時代の有名な書家で、春日井市で生まれました。
彼が若い頃、スランプに陥り書道をやめようと思った時期がありました。
ある雨の日に散歩に出かけたとき、柳に飛びつこうと何度も挑戦しているカエルを見かけました。
彼は「カエルは馬鹿だな、何回飛んでも柳に飛びつけるわけはないのに。」と思いました。その時、偶然にも強い風が吹き、柳がしなり、カエルは柳に飛びつくことができました。
これを見た道風は「バカは自分だ。カエルは一生懸命努力をして偶然を自分のものとした。
自分はまだそれほど努力はしていない。」と悟り、血のにじむほどの努力を重ねて「書道の神」と呼ばれるほどの大家になりました。
そこから柳とカエルは春日井市のシンボルとなりました。


Explanation of the Banner

Onono Tofu was born in Kasugai City at the end of the 9th century.
He was very famous for his handwriting. There was a period in his life when he had
poor handwriting.
He thought he couldn’t improve his technique in spite of his hard practice.
It annoyed him completely. Then one day, he saw a frog trying to jump onto a drooping
willow leaf by a pond. The frog failed on the first try because the leaf was a little too high.
It tried to jump on it again and again, and although it failed many times it didn’t give up.
Finally, it succeeded in jumping up onto the leaf. After this incident, Onono Tofu was
encouraged to practice writing again with renewed purpose and energy. Eventually,
he learned to writing beautifully with a unique style.

The design of the banner symbolizes the frog and the willow.
We derived it from this story and how it mirrors the experiences in our own lives.

The Rotary Club of KASUGAI