会長挨拶

2021-22 春日井ロータリークラブ・テーマ

「ロータリアンとしての誇りを持ち、出でて奉仕を!」
新しい生活様式下での奉仕を創造しよう。

クラブ活動方針

2020年~2021年度春日井ロータリークラブ会長 成瀬浩康

 ロータリーの目的は奉仕をすることです。
この2年ぐらいの間、私たちは例会も制限されてクラブの仲間と会う事さえもままならず、制限された環境の中でクラブ運営をせざるを得ない状況でした。
アフターコロナかウィズコロナかいまだに先行きが見通せない状況ですが、今だからこそロータリーの出番ではないでしょうか。

 我々はロータリアンです。誇りを持ちましょう。
そしてシェカール・メータRI会長のテーマでもある「みんなの人生を豊かにするために」を実践するために出でて奉仕をしましょう。
いかなる状況下でもロータリアンはもっと行動し、もっと成長しなくてはいけません。
制限された環境の中でも、できることがあるはずです。皆で知恵を出し合い、その時その時で必要とされている奉仕活動を考え、行動しましょう。

  • ロータリアンとしての誇りを持ち奉仕をしましょう。
  • 前例にとらわれない自由な発想で、新しい奉仕活動を創造しましょう。
  • 春日井市あっての春日井RCです。地域に恩返しをしましょう。
  • コロナゼロ・カーボンゼロ・ポリオゼロの支援をしましょう。
  • ロータリーをもっと知ってもらい、仲間を増やしましょう。

2021-22年度 春日井ロータリークラブ会長
成瀬 浩康

春日井RC2021-2022年度 WISH LIST

  1. セブRCと共同でグローバル補助金事業 「水と衛生 プロジェクト」
  2. 朝宮公園陸上競技場へのAED寄贈と記念イベントの開催
  3. 多文化共生事業 KYOSHIN外国人学生との交流イベント 継続事業
  4. 市役所へポケトークの寄贈 地区補助金事業
  5. 学童保育への支援 継続事業
  6. 会員増強 会員数60名を目標 内女性会員3名(5%) 3年後地区大会ホスト
  7. 予定されている例会はすべて行う ZOOM等使用
  8. クラブフォーラムの活性化 (職業・国際・社会・青少年奉仕委員会主体)
  9. 入会3年未満の会員研修を行う
  10. クリスマス家族会・2500回例会を盛大に行う